読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿房峠

tunaguinfoのブログ

備忘録 さくらのレンタルサーバーにwordpressをインストールする その1

wordpress Server

さくらのレンタルサーバーにおいてあったファイル群は昨日バックアップできた。そこで今度は掃除とwordpressのインストールを行う。

 

まずは掃除から

サーバのwww以下にあるバックアップ済みのファイル群をftpで消去することにしてffftpでアクセスしてみた。さすがに1GB近くあるせいで全然消去が進まない。ひとまずffftpのセッションを終わらせてsshでアクセスすることに。

putty でアクセスして www 以下を  rm -r で綺麗に消去。清々しいほどに何もない。lsしても何も帰ってこない。

ちなみにputtyでさくらのレンタルサーバにアクセスはパスワードでしているが設定しないと都度、アカウントとパスワードを求められる。

 

qiita.com

を参考にショートカットを作成、プロパティ、ショートカット、リンク先のパスに加え以下の要領でオプションを設定する。

"C:\Program Files (x86)\PuTTY\putty.exe" -load 「セッション名」 -l 「ユーザ名」 -pw 「パスワード」

 

今度はwordpress のダウンロード

blog.nzakr.com

上記を参考にwgetwordpressをダウンロード。しかし、デーモン様が認証できない旨のエラーと共に--no-check-certificate オプションを適用せよとおっしゃる。というワケで

#Wordpress最新ファイルをダウンロード
wget --no-check-certificate https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz

"C:\Program Files (x86)\PuTTY\putty.exe"


#ダウンロードしてファイルを解凍
tar zxvf latest-ja.tar.gz

 となった。

 

ダウンロード先を/home/hogehoge/www/wp001としていたためダウンロードしたファイルを回答するとさらにwordpress/にファイルが展開されていた。1階層ディレクトリが深いので一旦展開したファイルを削除してlatest-ja.tar.gzをwwwへ移動してから解凍した。

 データベースの設定とwordpressのインストール

www.adminweb.jp

上記のサイトをお手本にデータベースの設定とwordpressのインストールを行った。至って簡単で設定ファイルをダウンロードすることなくデータベースのパラメータを入力し、ブログや管理者の名前やメールアドレスを入力するとインストールのボタンが現る。そしてこれをクリックすればwordpressのインストールは完了する。